直向きにバレーボールに取り組む迫田さおり選手の詩♪

シーズ・ア・レインボー

彼女がやってくると、まわりが色づく。
彼女が髪をとかすと、
まるで虹のようなんだ。
空気が色づいてくる。
いたるところへ、
彼女は色をまとってやってくる。

彼女がやってくると、あたり一面が色づく。
彼女が髪をとかすと、
まさに虹みたいなのさ。
空気が彩りを増す。
ほら、どこへだって、
彼女は色をまとってやってくる。

彼女が青いドレスを着てるのを見たことがある?
目の前に広がる青空を見るようだよ。
彼女の顔は船の帆のように、
小さくてやわらかで純粋な白さだ。
そんな魅力的な女性を見たことがあるかい?

彼女がやってくると、どこも鮮やかに彩られる。
彼女は髪をとかす。
彼女は虹みたいなのさ。
空気がカラフルになる。
どこもかしこも。
彼女は色をまとってやってくる。

彼女が全身金色に装ってるのを見たことあるかい?
いにしえの女王みたいだ。
彼女はそこらじゅう色で満たしていく。
夕日が沈んでいくように。
そんな魅力的な女性を見たことあるかい?

彼女が現れると、見渡す限りの色で埋め尽くされる。
彼女が髪をとかせば
まさに虹みたいなんだ。
空気が色づいていく。
あたり一面。
彼女は色をまとってやってくる。

彼女は虹のようだ。
空気をあざやかに変える。
どこだって。
彼女は彩りを振りまきにくる。

画像

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック